組合沿革

昭和39年

  • 5月
    鹿児島県中小企業団体中央会の通常総会で、会長管 政春が「卸商業者の団地造成のため、 県や関係団体に働きかけよう」と提案

会長 菅 政春

 

昭和41年

  • 6月
    鹿児島県(商政貿易課)と県中小企業団体中央会の共催によるアンケート調査の結果、 「卸団地は必要」
  • 11月
    鹿児島卸商業団地推進協議会の創立総会を鹿児島ビルで開催

 

昭和42年

  • 2月 11日
    鹿児島総合卸商業団地協同組合の創立総会開催
    組合員数83社、理事14名、監事3名を選任、初代理事長に菅 政春を選出

 造成中の2号用地

昭和45年

  • 12月
    鹿児島開発事業団と土地売買契約を締結  314,000m2(95,000坪)を取得

 

昭和46年

  •  3月
    全国卸商業団地協同組合連合会(商団連)に加盟
  •  7月
    組合会館の設計を,全国に懸賞募集(応募作品36点)。福岡県・メイ建築研究所に決定
  •  8月
    組合章を、全国に懸賞募集(応募作品185点)、岩手県及川幸子氏の作品に決定
  •  12月
    卸団地の起工式を挙行  卸団地の町名地番が「卸本町(5番~8番)」と決定  都市計画法による開発行為の許可

 

昭和47年

  •  6月
    組合会館建築工事着工

 

昭和48年

  • 4月
    組合会館完工・郵便局業務開始
  • 5月
    組合会館売店・レストラン・理容所が営業開始
  • 9月
    鹿児島銀行卸本町支店、営業開始
  • 12月
    旭相互銀行(現 南日本銀行)卸本町支店、営業開始

 

昭和49年

  • 1月
    全組合員の団地進出が終わり、第1回の合同年始会を組合会館で開催
  • 8月
    小松原共同住宅完工
  • 10月
    鹿児島総合卸商業団地協同組合の総合完成式
  • 11月
    卸団地記録映画の製作を完了((株)日本映画社)

 

昭和50年

  • 4月
    第1回新入社員合同歓迎式を開く(150人)

 

昭和51年

  • 7月
    坂ノ上ハイツ完工

 

昭和52年

  • 10月
    組合創立10周年記念式典を挙行

    (創立10周年記念式典)
  • 12月
    『無からこの有を-鹿児島総合卸商業団地協同組合10年志-』を刊行

 

昭和56年

  • 1月
    団地内道路を鹿児島市に寄付
  • 2月
    公園用地を鹿児島市へ寄付
  • 4月
    福祉会館完工

 

昭和57年

  • 2月
    補完事業組合員18社の加入承認

    (補完事業 地鎮祭)
  • 3月
    鹿児島開発事業団と土地売買契約締結  補完事業用地50,128m2取得
  • 7月
    第34回臨時総会 役員改選  理事長に玉利半三・副理事長に三角桂次郎が就任

 

昭和58年

  • 4月
    補完事業完了し、組合員24社が卸団地で営業を開始
  • 10月
    鹿児島相互信用金庫谷山港支店落成
  • 12月
    土地所有権移転登記承認書が県より交付。所有権移転登記が始まる

 

昭和59年

  • 7月
    卸団地昭和会10周年記念夏まつり、バザー開催(後の卸団地夏まつりの基礎となる)

 

昭和63年

  • 10月
    組合創立20周年記念式典開催、20周年記念誌発刊

    (創立20周年記念式典 祝賀会)

 

平成4年

  • 6月
    副理事長に宝来春巳が就任
  • 7月
    九州厚生年金基金設立。当組合の玉利理事長が初代理事長
  • 10月
    組合創立25周年記念式典開催

 

平成8年

  • 6月
    日本卸売業協会創立 初代会長に当組合玉利理事長

 

平成9年

  • 10月
    創立30周年記念式典開催

    (創立30周年記念式典)

 

平成10年

  • 5月
    全国卸商業団地協同組合連合会の会長に当組合玉利理事長が就任

 

平成11年

  • 3月
    遊休地に株式会社オートバックスセブンを誘致決定。同年12月店舗オープン
  • 4月
    全国の卸団地厚生年金基金5基金が合併、全国卸商業団地厚生年金基金としてスタート、 初代理事長に当組合の玉利理事長が就任
  • 8月
    臨時総会において組合用地(卸本町5-35)に地元スーパー『ニシムタ』を誘致することに決定

 

平成12年

  • 3月
    組合売店3月17日閉店。
  • 5月
    第33回通常総会に於いて、委員会の再編成を実施。8委員会のうち、3委員会を統合、1委員会を新設 その結果7委員会に編成
  • 11月
    スーパーセンターニシムタ卸団地店「N’s City」オープン
    組合の独自ドメイン「orocity」を取得

 

平成13年

  • 8月
    愛称「オロシティー・OROCITY」を決定
  • 11月
    玉利理事長 中小企業功労により勲四等旭日小綬章受章
  • 12月
    第1回 OROCITY family Christmas Party開催

 

平成14年

  • 11月
    組合所有地(旧鹿児島ロープ荒物跡地)に全国にチェーン展開している西松屋がオープン

 

平成15年

  • 1月
    ㈱ライル物件を組合で買収し、㈱押野電気製作所と賃貸契約を締結
    当組合 中小企業庁 長官表彰を受章
  • 5月
    理事の定数を15人以上20人以内に改正

 

平成16年

  • 4月
    組合会館及び展示場に「オロシティー」を用いた看板を設置
  • 5月
    1号用地に大型駐車場完成 113台収容  組合会館前に大型駐車場完成 98台収容
  • 10月
    卸団地昭和会創立30周年記念事業  玉利理事長県民表彰受章

 

平成17年

  • 4月
    電子商店街 オロシティー~黄金の街~オープン
  • 10月
    オロシティーセンロトメッセ完成
  • 11月
    第1回オロシティーグランドバザール開催

 

 平成18年

  • 2月
    第1回座禅会開催
  • 3月
    レストラン「千の風」・旅行代理店「鹿児島中央観光社」オープン(組合会館テナント)
  • 11月
    第1回オロシティー「秋の市」開催

 

平成19年

  • 3月
    レストラン「千の風」跡地に筑豊ラーメン「山小屋卸本町支店」開店
  • 7月
    LA-LA 喫茶コーナー開店 2日
  • 10月
    組合員用地を取得し、オロシティーセントロメッセ用駐車場として活用
  • 11月
    組合創立40周年記念事業(講演会・記念建立物除幕式・記念式典及び祝賀会・記念ゴルフ(高牧カントリークラブ 16日)

 

平成20年

  • 1月
    オロシティー倉庫新築工事起工式  25日
    4月
    オロシティー共同倉庫引渡し
  • 5月
    新理事長に小正芳史氏就任 玉利理事長は名誉相談役理事へ (第41回通常総会)

 

 平成21年

  •  3月
    インフォメーションディスプレーを2階会議室入口(郵便局横)に設置(玉利名誉相談役寄贈)
  •  5月
    組合理念制定

 

 平成22年

  •  5月
    組合歌「輝け!!オロシティー」の制定

 

平成24年

  • 3月
    第1回オロシティーさわやか交流フェスタ開催9日
  • 6月
    第1回オロシティー社員交流会開催(22日奄美の里)
  • 9月
    ロンドンオリンピック日本代表女子バレー迫田さおり選手が当組合(オロシティー)へ訪問

平成25年

  • 10月
    全国卸商業団地協同組合連合会主催 による卸団地制度(店舗等集団化制度)創設 50 周年記 念式典において、当組合が経済産業大臣表彰を受章。中小企業庁長官表彰に小正理事長、商団連会長表彰に三 角副理事長、中小企業基盤整 備機構理事長表彰に新福理 事が表彰。また、玉利 半三名誉相談役には商団連 感謝状が贈られた

平成26年

  • 3月
    卸団地マップ作成及びホームページリニューアル作業部会が昨年の 10 月から進めてきたオロシティーマップが完成
  • 8月
    オロシティーホール北東角に設置されている時計台の時計取替え工事完了
  • 8月
    オロシティーホール第4会議室にマイク設備を設置
  • 10月
    卸団地昭和会創立 40 周年を記念して特別講演会と記念式典を開催(マルヤガーデン 8 階 BLOOM)
  • 12月
    オロシティーホール西側 2 階の渡り廊下の撤去工事完了
  • 12月
    オロシティーホール西側入り口の空きテナントに税理士法人STT会計が入居

平成27年

  • 12月
    オロシティーホールシンボル塔撤去及び防水工事完了

平成28年

  • 4月
    卸団地組合青年部発足

logo31

 

 

 

Top